So-net無料ブログ作成
検索選択

ボージョレーヌーボー 2011! [ワイン]

気温もだいぶ下がってきてようやく秋らしくなってきましたね。

今年も残すとこ2ヵ月弱。

今年もこの季節がやってきました。 ボージョレーヌーボー!
最近、テレビで「ようやくハロウィンが日本で市民権を得た」と言っておりましたが、ボージョレーヌーボーもその一つではないでしょうか?
賛否両論があるものの、日本人はお祭り好き!ワイン飲まない人もこの日だけはワインを飲む。
その年の実りを祝ういわば収穫祭のようなもの。普段飲むワインより軽いし、フルーティですが、どうぞそんなフレッシュなワインの良さを楽しんでください。
そんなボージョレーヌーボーですが、どうせなら美味しいのを飲んで頂きたい。

そんな思いを込めて今年もセレクトしてみました。


今年のアンヴェールのボージョレーヌーボーは
ギィブルトンのヌーボーを選んでみました。
自然派の第一人者、故マルセルラピエール氏の元で修業をして、1989年に自らワイン造りを始め、今となっては自然派のボージョレーを代表する造り手です。

非常にクリーンシルキーな口当たりのワインを多く造ります。
一つ上のクラスのボージョレーヌーボーを是非。

morgon.jpg
写真は同造り手のモルゴンです。


あともう一つこちらはごく少量の入荷です。
メゾンルロワ ボージョレーヴィラージュプリムール

元、ロマネコンティの共同経営者、ブルゴーニュを代表する偉大な造り手のワインです。
僕の大好きな造り手です。ただ、5、6年くらい前にこのヌーボーを扱ったことがあるのですが、非常に開くのが遅く、当時の僕には扱い切れなかったワインです。
自分自身のリベンジも含めて今回セレクトしてみました。
世界最高峰のヌーボーの味わいを是非。 

grabd ordinere.jpg
写真はグランオーディネールです。



リヨンフェア [ワイン]


リヨンのブション(食堂)にあるようなカジュアルワインをセレクトしてみました。
どれも親しみやすい、南フランスを中心とした果実味たっぷりのワインです。
食事も合わせて、リヨン風サラダやハチノスのパン粉焼きなどブションの定番料理をお出ししています。
是非是非。

赤ワイン
cort des rhone.jpg
プレステージコートデュローヌルージュ’09 
Cellier des Dauphins A.O.C. Côtes du Rhône
グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル
肩ひじ張らずにカジュアルに飲めるローヌワインです。程よいボリューム感と、豊かな果実味は
お料理を選びません。 リヨンっ子が飲むデイリーワインを是非。


DSC05295.JPG
ミネルヴォワ チュリリット’09
Maison Abbotts A.O.C.Minervois シラー、グルナッシュ
こちらもラングドックのワインですが、造り手の方が来店してくれた、ちょっと特別なワイン。
スパイシィーでスミレのような香りを漂わせる少しボディのしっかりしたワインです。

bearujolais village.jpg
ボージョレーヴィラージュ’09
Domaine de Saint-Ennemond A.O.C.Beaujolais Villages ガメイ
リヨンワインと言えばボージョレー。実はこのワインを飲んで今回のフェアを決めた
店主一押しのワイン。お料理との相性も良くジューシィーな果実味が口いっぱい広がります。


DSC05297.JPG
コルビエール ヴィエイユ ヴィーニュ’98
Chateau Grand Moulin  A.O.C.Corbieres シラー、グルナッシュカリニャン、ムールヴェードル
熟成した南仏ワインを1本セレクトしました。熟成によって角が取れたタンニンとまだ、生き生きとしたスパイシィな果実味が魅力的なワイン。ゆっくり少し時間をかけて楽しんでみては如何でしょう?


DSC05298.JPG
エルミタージュルージュ’06
Domaine Belle A.O.C.Hermitage シラー
最後に高級ワインを1本。
あまり知られていない造り手ですが、パーカーやギドアシェットも高く評価している造り手です。
スパイスやコーヒーの香り、木樽のニュアンスと滑らかでボリュームのあるタンニンが風格を織り
成しています。ローヌの金字塔ともいえる偉大なワイン。エルミタージュを特別価格でどうぞ。



白ワイン

cort des rhone.jpg
シャルドネ‐グルナッシュブラン’09
Cellier des Dauphins Vin de Pays D'ocシャルドネ、グルナッシュブラン
肩ひじ張らずにカジュアルに飲めるローヌの造り手のワインです。南仏のワインはボリューミィな
ものが多いですが、シャルドネを主体にすることによって上品な果実味を持たせています。
リヨンっ子が飲むデイリーワインを是非。

DSC05306.JPG
コトー デュ ラングドック オルティス’08
Maison ABBOTTS グルナッシュブラン、ヴィオニエ、ルーサンヌ
造り手の方が来店してくれた、ラングドックのワイン。南国のフルーツを思わせる熟した葡萄の香りと木樽の香りがバランスよく溶け込んでいます。


DSC05305.JPG 
レ ヴァンダンジュ デュ ドメーヌ ロジエ ヴィオニエ’10
Chateau de Rieux  Vin de Pays D'oc ヴィオニエ
ローヌの白ワインの主要品種ヴィオニエ100%のラングドックのワイン。葡萄の特性がきれいに
表現されていて、まるでレモンティのような華やかな香りが口いっぱいに広がります。

DSC05304.JPG
ブルゴーニュ シャルドネ レ ジュヌヴレ’10
Domaine Roux Pere et Fils A.O.C.Bourgogne シャルドネ
リヨンでは南ブルゴーニュを良く飲みます。今回はブルゴーニュブランをセレクトしましたが、
南ブルゴーニュらしい膨らみのある果実味とほのかに香る蜜のような香りがきちんと表現されている
ワインです。切れの良い酸味も魅力的です。リヨンで飲まれる親しみやすいブルゴーニュを是非。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。